フレンディがやってきた

ミニバンワールドフレンディ−自動車趣味− タイトル

 

この自動車の良い点、悪い点

 

 管理者(masabee)が考えるフレンディの良い点、悪い点をまとめてみた。主観的な要素が強いので、参考程度に・・・。クレームは受け付けません。

 

○良い点

 

室内が非常に広い。積載量が多い。

→切り立った壁面で構成され、室内空間が大変広い。肩周りの圧迫感も無く、人も荷物もたくさん積める。

 

視点が高く、遙か前方まで見渡せる。気分がいい。

→着座位置が高いため、周囲の状況がわかりやすい。渋滞時なども閉塞感があまり感じられない。

 

ディーゼルエンジンは結構パワフルで燃費もいい。

→2500のディーゼルエンジンは最大トルク30kgmを発生。また、ディーゼルならではの燃費のよさが光る。

 

ボディーがスクエアなため、運転しやすい。

→直線基調の箱型ボディーで、前後の見切りは抜群。車輌感覚が非常につかみやすい。体積の割に運転しやすい。

 

ヘッドライトまわりのデザインがすっきりして格好良い。

→デザインは好みの問題か?でも、シャープな印象でゴテゴテ感がない。

 

シートバリエーションが豊富。車中泊や食事に便利。

→前後に思い切りスライドするシートが車の使い方を大きく広げる。前に寄せたり後ろに寄せたり。

 

オットマンを利用した簡易対座が便利。

→オットマンは通常、2列目の乗員の足置きとして使うものだが、これを裏返し簡易対座の座面とすることができる(背もたれは1列目シートを利用)。簡単な操作で対面が可能。

 

シートをフラットにする場合、2列目以降のヘッドレストを外さなくてもよい。

→フレンディの場合、ヘッドレストがシートにもぐりこむ(ヘッドレストだけ飛び出さない)ので、フルフラットにする時ヘッドレストを取り外す必要がない。これは便利(但し1列目はそうじゃない)。

 

電動ロールカーテンは便利で見た目もスマート。

→窓枠にぴったりフィット。各座席からでも運転席からでも開閉操作が可能。車中泊の不可欠装備。

 

エンジンがミッドシップレイアウトで、前後バランスが極めて良い。

→ミッドシップ(実態はキャブオーバ)なのでエンジンがホイールベース内にある。よって、理想的な重量配分が実現。

 

4輪ベンチレーテッドディスクで、ブレーキの利きがいい。しかもフロントは2ポッド。

→このクラスの車なら、大概リアブレーキはドラム仕様。しかしフレンディはVディスクを採用。効きが安定している。

 

スライドドアが便利。しかもオートクローザ付き。

→開口面積が広く、あまり横に飛び出さないので使いやすい。しかもスライドドアを半ドアの位置まで持っていけば電動でドアが閉まる。

 

現代では普通だが、ABSとエアバッグ装備。

→安全性を高めることはいいことだ・・・。

 

エアコンはかなり効きがよい。

→キャビンの空間の広さの割にはしっかりと冷える。ただ、結構エンジンパワーを食われてしまう。

 

グランドクリアランス(最低地上高)が高い。

→悪路走行、雪道走行などの場合助かる。点検等で車体下に潜り込むとき、場所によってはジャッキアップが必要ない。

 

構造が単純で、改造しやすい。

→裏を返せば、作りこみがほどほどということだが、改造する分には作業がやりやすい。

 

1995年からフルモデルチェンジなしで生産されているため、部品が豊富。

→中古車の台数も豊富。中古部品も・・・。

 

バッテリーが2個積める。

→寒冷地仕様車には最初から2個積んであるのだが、そうでない場合には空きスペースにサブバッテリーの搭載が簡単にできる(部品を調達する必要はあるがボルトオンで可能)。

 

×悪い点

 

2列目以降の窓が大きく開かない。2分割して片側だけでもスライドするような感じにして欲しい。

→2列目以降の窓はヒンジ固定によるフラップ式のため大きく開けられないのが残念。

 

高い車高は、駐車場を選ぶ。また天井の近い屋内駐車場などではスリリング。

→機械式の立体駐車場はまず無理。木の枝なんかにも良くこする。

 

着座位置が高いため、揺れが大きい。よじ登るのが大変。

→路面状態が悪いと上半身を振り回される。運転席に座る際は、ドアを開けて握り手を持ってステップに足をかけてよじ登らねばならない。2列目以降も床が高い。

 

横風に弱い。安定性は良いとは言えない。

→高速道路などで横風にあおられると、おもわず手に力が入ってしまう。

 

エンジンが運転席の下にあるので、振動・騒音大。暑い。メンテナンスが面倒。

→エンジンの真上に運転席・助手席があるので、振動と騒音は大きい。夏場はそれに加えて、熱気が上がってくる(シートやセンターコンソールなどが加熱されてしまう)。運転席・助手席を持ち上げないとエンジンの点検ができないのでちょっと面倒。

 

ウォークスルー出来ない。

→エンジンがあるので仕方がない・・。他社のミニバンがちょっとうらやましい。

 

タイヤサイズが前後異なる。ローテーションできない。あと片減りが。

→走行安定性を確保するために前後サイズをかえているらしい。車高が高いので片減りがひどいが、ローテーションできないのでつらい。

 

ヘッドライトが暗い。

→マイナーチェンジで改良されるまでのライトは暗いと思う。何とかしなければ。

 

ディーゼルエンジンの場合、アクセルを踏み込むと黒煙が・・。

→通常走行ではほとんど出ないが、高負荷をかけるともくもくと・・・。長距離を走っているせいもあるが。

 

エンジンとラジエータが離れているので、冷却水交換の際エアが抜けにくい。

→エア抜きに1時間位かかった(サービス工場で)また、エア抜き不良によるオーバーヒートも多いようで・・。

 

内装はかなり安っぽい。

→こんなもんかなあ。あと、汚れやすいのが気になる(特に樹脂部分)。

 

ドアミラーで見える範囲が上下に狭い。

→車高の割にはドアミラーの上下が狭い。もっと縦長がいいと思う。

 

 

インデックスに戻る