フレンディのタイヤサイズと四輪駆動(4WD)(考察)

ミニバンワールドフレンディ−自動車趣味− タイトル

 

タイヤの記号の意味

 

はじめに、タイヤの側面に表示されているタイヤサイズの意味を説明する。例として取り上げるのは一般的な乗用車用のもの。

 

(例)205/60 R 15 88 H

    a  b  c d  e  f

 

各記号の意味は以下の通り。

 タイヤの幅をあらわす。単位は(mm)。例の場合、205mmなので、20cmちょっととなる。

 扁平率をあらわす。単位は(%)。扁平率とは、タイヤの幅に対する断面高さの比のこと。この例の場合、タイヤの断面高さは、幅の60%に相当し、205×0.6=123mmになる。

 タイヤの構造をあらわす。R=ラジアルという意味。

 ホイールのリム径をあらわす。単位は(インチ)。例の場合15インチとなり、1インチが25.4mmなので、25.4×15=381mmになる。

 荷重指数(ロードインデックス)をあらわす。タイヤに何kgまでの負荷をあたえることができるかということ。この数字が増えるほど負荷能力が高くなる。表を以下に示す。ちなみに88で、560kgとなる。

 速度記号をあらわす。表を以下に示す。H=210km/hまでとなる。

 

(表)荷重指数の表(一部)

荷重指数

70

75

80

85

90

95

100

105

110

115

120

負荷能力

(kg)

335

387

450

515

600

690

800

925

1060

1215

1400

 

(表)速度記号の表

速度記号

L

Q

R

S

H

V

W

Y

最高速度

(km/h)

120

160

170

180

210

240

270

300

 

インデックスに戻る

 

タイヤの直径を計算する

 

(例)205/60 R 15 88 H

    a  b  c d  e  f

 

タイヤ直径計算 説明図タイヤ直径は、断面高さ×2と、ホイールのリム径を合計すればいい(右図を参考)ので、計算式は、

×÷100×2+25.4×となる。

例の場合、

205×60÷100×2+25.4×15=627mm

なお、この値は計算値で、実際の直径はメーカーなどによって微妙に異なる。正確な情報が必要な場合はメーカーのカタログなどを参考にするとよい。

 

インチアップなどするときには、この直径があまり変わらないようにするのが普通。上の例で、ホイールのみ16インチに変更すると、

205×60÷100×2+25.4×16=652.4mm

と、直径が約25mm大きくなってしまう。スピードメーターにも若干誤差がでるし、タイヤがサスペンションまわりやフェンダーなどと干渉しやすくなるかもしれない。そんなわけで、扁平率を55に変更して直径を調整すると、

205×55÷100×2+25.4×16=631.9mm

この場合だともとの627mmに対し、約5mmの違いでおさまる。扁平率50では、

205×50÷100×2+25.4×16=611.4mm

といった結果になる。

 

 

インデックスに戻る