フレンディの改造(外装)

ミニバンワールドフレンディ−自動車趣味− タイトル

 

ドア補助ミラー取付

 

 トラックライクなフレンディだが、ドアミラーで見える範囲が上下に狭い。車高が1400mm位の乗用車ならこれでいいのだろうが、車高の高いフレンディでは物足りなさを感じる。実際、大型トラックなどは、長く突き出したミラーステーに大きなミラーが複数装備されており、車体の周囲が実によく見える。

ところで、ミラーの角度(上下方向)を標準と思われる位置(空半分、地面半分)にあわせると、後輪付近が視界の外に出てしまうのが気になる。というわけで、カー用品店で数百円で購入した補助ミラーを装着。デコトラのようなミラーステーをつけてみたい気持ちも少しあったが、今回はこれで我慢。

 

フレンディ ドア補助ミラー取付

 

 上の写真は、運転席の目線の位置から撮影したもの。標準のミラーでは、後輪付近が見えない。補助ミラーを使うことにより、死角を減らせる。取付方法は実に簡単。ミラー面の汚れを落とし、補助ミラーを付属の両面テープで貼り付けるのみ。また、この補助ミラーは回転させることで向き(角度)が変わる。後輪付近が見えるように調整。

 

フレンディ ドア補助ミラー取付 拡大

 

 補助ミラー部を拡大するとこのような感じ。写真ではわかりにくいが、後輪のフェンダーアーチモールが見える。地面に引かれたラインや、障害物等確認ができる。低いコンクリートブロック等に車体をひっかけて、修理の手間が発生することも激減するだろう。

 

 

インデックスに戻る