フレンディの改造(外装)

ミニバンワールドフレンディ−自動車趣味− タイトル

 

ラダーキャリア装着

 

 冬のスポーツといえばスキーやスノーボード。これらの道具は結構でかい。フレンディの場合、2列目以降のシート下が結構空いており、スキーやボードの板を車内に手軽に複数積むことができる。しかしながら車中泊等を今後の視野に入れており、室内スペースを極力広く使いたいので、外部に積もうと決断。そうだ、リアラダーにキャリアをつけよう。(注意)以下の装着方法は、リアラダーメーカーおよびキャリアメーカーの意図しないものです。危険を伴う場合もあります。管理者は責任を負いません。

 

フレンディにラダーキャリア装着 装着前

 

 管理者のフレンディにはマツダ純正品ではないが、アルミ製のラダーが装備されていた。これを利用することにする。キャリア本体は、ヤフオクから1000円で調達。結構かさばる品物のため送料が高かった。材料が揃ったら装着開始。

 

フレンディにラダーキャリア装着 寸法測定

 

 ラダー本体に、取付用の穴をあけるため、寸法測定。ラダーとキャリアはメーカが違うため、ボルトで貫通固定することとした。左右が水平になるよう慎重に穴あけ位置を決める。その後、センタポンチを軽く打っておく。

 

フレンディにラダーキャリア装着 穴あけ

 

 電動ドリルに、小さ目の刃をセットし下穴をあける。その後、ボルトにあわせたサイズで仕上げを。アルミは柔らかいのでさくさくと穴があく。ただ、斜めにあけてしまわないように注意が必要。

 

フレンディにラダーキャリア装着 かえり処理

 

 ドリルで穴を開けると、穴の周囲に「かえり」ができるので、大きいサイズのドリルか、金やすりなどで除去する。

 

フレンディにラダーキャリア装着 キャリア加工

 

 キャリア本体に、取付用の穴を加工(写真右側)。穴あけの手順はラダー側と同様だが、こちらは鉄製のため少し硬かった。隣にあいているのは本来の取付用の穴。こちらは補強のため、ボルトナットで塞いでおく。

 

フレンディにラダーキャリア装着 キャリア塗装

 

 穴あけ加工では、塗装が一部はげて金属が露出してしまうので、防錆のため塗装。完全に乾燥したらいよいよ装着工程に入る。穴の位置がきっちり合うか、少しばかり不安。

 

フレンディにラダーキャリア装着 完成

 

 装着後の様子。ステンレス製のボルトナットおよびワッシャで、トータル8箇所固定。アルミ製のラダーは柔らかいので、大き目のワッシャを入れたほうが無難だと思う。固定状態をしっかりと確認したら早速使ってみよう。

 

フレンディにラダーキャリア装着 使用状態

 

 スキー板の収まりもよく、きつめのゴムバンドで板を確実にホールドしてくれる。何よりも、スキーぐるまという雰囲気が良いと個人的に思う。スキーのみなら4組、積み方次第ではボードも2組位可能か。番外編としては、釣り竿などもきちんと固定できそうな気がする。

 

 

インデックスに戻る