フレンディの改造(内装)

ミニバンワールドフレンディ−自動車趣味− タイトル

 

ハイパースライドシートの分解と組立(番外編)

 

 フレンディの後部座席(2列目・3列目シート)は、およそ2mのシートレールに載せられており、前後に大きくスライドさせることができる(跳ね上げシートは除く)。内装に改造を施す際や、シート自体をまるごと水洗い!する際など、シートを一時的に分解すると作業性が良くなるだろう。なお、シートを外した状態では、車検証記載事項の変更などの手続きが必要となる(そのままでは車検に通らない)ので注意していただきたい。

 

シートのカバー取り外し

 

 はじめに、シート取り付け部のカバー(プラスチック製)を取り外す。はめ込み式となっており手で簡単に外せる。周囲の4箇所を外したら次のステップに進む。

 

シートの取り付けボルト外し

 

 シートはボルト4本でしっかりとベースに固定されている。写真に示すようなメガネレンチなど、しっかりとした工具を選んでボルトを緩める必要がある。オープンエンドのスパナなどを用いると、ボルトが緩まないばかりか、角をなめてしまう恐れがあるだろう。

 

シート一時撤去後の様子

 

 写真はシート一時撤去後の様子。シートはかなり重い(50〜60kg程度はあるだろう)うえに車内なので、中腰での作業となる。体を痛めぬよう、基本的に2人以上での作業が良いと思われる。

 

内装材の取り外し

 

 次に、ベース(台車)の抜き取りを試みてみた。ベースは車体後方に引き抜くような構造となっていたため、レール端部の部品を分解した(赤丸で囲った内装と、レールエンドの部品)。ちなみに、内装ははめ込み式だった。

 

シートレール端部のストッパーピンの状態

 

 写真は、レール端部の様子。ベースのストッパーとして、直径8mm程度のピンが通されている。一度分解すると再使用不可な構造のようだ。さしおり、タガネと貫通ドライバーを用いて分解した。

 

シートレール端部のストッパーピン撤去

 

 分解したピンはこのような感じ。リング状の部品は分解の際に一部亀裂が入ってしまった。この部分は、分解しないことを前提に作られているのかもしれない。

 

ストッパーピンの代替品(ボルトナット)

 

 組み立ては、以上の手順を逆に行えば良い。なお、ピンについては、ほぼ再使用不可になってしまった(リングで固定できない)ので、代わりにピンより少し長めのボルトナットで固定することとした。

 

 

インデックスに戻る