自動車メンテナンス

ミニバンワールドフレンディ−自動車趣味− タイトル

 

オイル交換

 

 自動車を快適に長く使うためには定期的なオイル交換が必要。一般的には前回交換から走行5000kmまたは6ヶ月のどちらかに到達した時にやるものだが、車種や走行状況、使用オイルなどで異なるのも事実。詳しくは車輌の取扱説明書などに記載があるはずなので、確認しておくとよいだろう。また、オイルの選び方と交換周期についてだが、管理者は安いオイルを頻繁に交換するやり方をとっている(値段は高いがかなり長持ちするオイルもあるらしい)。

 次に、交換の方法だが、古いオイルを抜き取る際に「上抜き」(レベルゲージにチューブをさし込み古いオイルを吸い出す)と「下抜き」(オイルパンのドレンボルトを外し、古いオイルを流しだす)の二通りのやり方がある。管理者の考えるメリットを以下に示す。

「上抜き」・・・ドレンプラグのトラブル(ネジ山の破壊や漏れ)と無縁。ドレンプラグのワッシャーを替える必要がない。車の下にもぐる必要なし。

「下抜き」・・・オイルチェンジャーが要らない(チェンジャーは数千円する)。電源等も要らない。

 なお、排出できるオイルの量は車種によって異なるので、一概にどちらがいいとはいえない。

 フレンディのオイル交換はここから。管理者は「上抜き」を採用。

 

オイル交換 用品

 

 使用する用品を一通り並べてみた。左が新しいオイル(ディーゼル用CF−4で、1缶1000円)。フレンディのディーゼルは6リットル必要なので2缶準備。中央が今回活躍する電動式オイルチェンジャー。これはかなり昔に購入したもの(5000円位)。右端がチェンジャー駆動用のバッテリー。通常エンジンルームのバッテリーを利用するのだが、フレンディの場合、バッテリーとエンジンが別々の位置にあるため、別電源として用意している。

 

オイル交換

 

 助手席の下にあるオイルフィラーキャップとオイルレベルゲージ。このゲージを引き抜いた穴に、チェンジャーのチューブを差し込む。チューブ先端が確実に底に着くように・・・(ゆっくりと差し込むと、「こつん」と底についたかすかな手ごたえがある。

 

オイル交換 作業中

 

 準備完了。チェンジャーのスイッチを入れると「ウイーン」という唸りとともにオイルが吸い出される。ディーゼルなので、墨汁のよう・・・。古いオイルは空き缶などで受ける。その後は適切な方法で処理をしましょう。概ね数分で一通りは吸い出されるが、吸い込み側のチューブを上下に動かして、できる限りたくさん吸い出したい。

 

オイル交換 注入

 

 オイルフィラーにジョウゴを差し込んで、新品のオイルを注入。レベルゲージを見ながら、適正な量が入ったか確認する。さらに試運転後にも確認。オイル交換後はエンジンの音が静かになったように感じる。

 

インデックスに戻る

 

オイルレベル点検

 

 エンジンにはオイルが適正量入っていることが必要。ところで、点検の方法は結構簡単なので以下にその方法を紹介する。なお、エンジン停止直後はオイルがオイルパンに落ちきれていないこともあり量の点検が不正確となる。数分間経ってから点検するとよい。また、平らなところに駐車しておくことはいうまでもないだろう。

 

オイルレベルゲージ

 

 写真赤丸がレベルゲージ。ATF用のゲージなど、他に似たようなものがあるので間違えないよう注意。これをゆっくり引き抜く。先端にはオイルが付着しているので、周りに垂らさないように。

 

オイルのふき取り

 

 点検を開始するため、レベルゲージの先端をきれいなウエスなどで拭く。そして、元の穴に静かに奥まで差し込む。

 

オイルレベル点検

 

 レベルゲージを再び引き抜くと、先端にオイルが付着して出てくる。ゲージにはFとLの記号があり、この間にオイルが付着していることを確認する。写真では赤い矢印付近(Fのすぐ下)まで付着しており結果良好。Fを超えている場合はオイルの入れすぎや冷却水の混入などが考えられる。オイルの抜き取りや修理が必要。Lより下の場合はオイル不足。そのまま走るとエンジンが故障する可能性が高い。オイルが減ってしまった原因を突き止め、修理の必要あり。なお、正常なエンジンでも微妙にオイルを消費することがある。まめに点検しておくと安心。

 

 

インデックスに戻る