自動車メンテナンス

ミニバンワールドフレンディ−自動車趣味− タイトル

 

オイルエレメント交換

 

 自動車のオイルエレメントは、エンジンオイル中に含まれる異物(金属粉等)を取り除くためのもので、オイルフィルターとも呼ばれる。走行距離に応じて、徐々に詰まってくるため定期的な交換が必要だ。交換周期は一般的にオイル交換2回ごととされている。管理者は、5千キロごとにオイル交換をしているため、このエレメント交換は1万キロごとの実施となる。

 

フレンディのオイルエレメント位置

 

 ボンゴフレンディ(ディーゼル)の場合、エレメントは助手席側のタービン下あたり(写真赤丸)にある。エレメント周囲のスペースも比較的広く、着脱工具等も扱いやすいので、難易度はそれほど高くないはずだ。ただ、エレメントのサイズが大きいため、上の写真で見通せている吸気ダクトと車体のフレームの間の空間を通らないので注意(車体下方には充分な空間がある)。

 

オイルエレメントと交換用具

 

 こちらは新品のエレメント。ホームセンターにて2800円位(社外品)。ディーゼル用なので、サイズがやけに大きい(価格も・・)。写真左側の皿のような物体は、このエレメントを着脱するための特殊工具だ。

 

古いオイルエレメントの取り外し

 

 エンジンオイル交換と同時に実施するので、直前にオイルは抜いてある。しかしエレメント内の残留分がこぼれだし、周囲を汚すので、あらかじめ新聞紙等を敷いておくとよい。

 エレメントに着脱用の工具をセットし、緩めて取り外す。

 

オイルエレメントへのオイル塗布

 

 新しいエレメントのゴムパッキンの部分(指先の円形の部分)には、オイルを塗っておく。取り外したエレメントと規格があっていることや、異物等が付着していないことなどを確認しておく。

 

オイルエレメントの締め付け

 

 エレメントはまず、手でゆっくりと回転させながら取り付けていく。最初から抵抗を感じる場合は、ネジがあっていない場合などが考えられるため、いったん外して再チャレンジする。エレメントのパッキンがエンジンに接触して抵抗を感じ始めたら、その位置から先ほどの工具を用いて3/4回転締め付ける(この方法については、エレメント側面に指示があった)。その他、エレメントに示されている注意書きに従うこと。

 

確認と、交換距離の記入

 

 交換時の走行距離などを油性ペンで記入しておくと便利だ。エンジンオイルを注入して、オイル漏れがないことを確認したら完了だ。エレメントを交換したときは、通常よりも多くオイルが入るはずだ。フレンディのディーゼルの場合、通常は6.0Lだが、エレメント交換を同時にすると6.7Lとなる。

 

 

インデックスに戻る