自動車メンテナンス

ミニバンワールドフレンディ−自動車趣味− タイトル

 

タイヤ交換

 

 夏タイヤから冬タイヤにするとき、路上でパンクしてしまったときなどにタイヤ交換作業をしなければならない。以下に交換手順を説明する。なお、交換の際は安全な場所を選ぶこと。また、地面もアスファルトとかコンクリート等固い場所がよい。やむを得ず柔らかい地面でしなければならない時は、ジャッキの下に硬い板などを敷きこんで、ジャッキを安定させる必要がある。とにかく安全第一で作業をしましょう。

 

タイヤに輪留め

 

 ジャッキアップするタイヤの、対角線のタイヤに輪留めをかける。例えば、左前タイヤを交換する場合は、右後ろに輪留めいった具合。輪留めは大抵、車載工具にセットされているはず。

 

ジャッキアップ準備

 

 自動車の取扱説明書などで指定された場所にジャッキをセットする。フレンディの場合は、ロアアームの付け根が標準位置となっている。一般的な乗用車の場合はサイドシルにセットするるように指定されていることが多いはず。いずれにせよ、説明書の指示を守ること。指定外の場所にジャッキをセットすると自動車がへこんだりすることも・・。また、ホイールナットを少し緩めるまでは、タイヤを持ち上げないようにする(タイヤを持ち上げてからだと、タイヤが回転してナットが緩まないため)。

 

ホイールナット緩め

 

 ホイールナットをレンチで緩める。結構な力で締まっているはず。車載のレンチでも良いが、写真のような十字レンチが使いやすくておすすめ。少し緩めたらタイヤが地面から少し浮くまでジャッキアップし、ナットを完全に取り去り、タイヤを外す。

 

タイヤは車体の下に

 

 外したタイヤは、車体の下へ入れておく。万が一ジャッキが外れたりした時のための措置。なお、ジャッキで車体を持ち上げた状態で、車の下にもぐりこんだりしてはいけない。ジャッキだけでは不安定である。

 

ホイールハブ清掃

 

 ホイールハブの、取り付け面を清掃する。何か物が付着していると、タイヤ(ホイール)が正確な位置に装着できない可能性がある。

 

ホイール清掃

 

 ホイールの取り付け面も同様。ウエスなどで表面を清掃しておく。同時に、ホイールやタイヤの状態などチェックしておくと理想的。

 

ホイールナット締め付け順序

 

 ホイールをハブにはめ込んだら、まずは手でナットを回転させ取り付ける。いきなり工具で回すと、ねじ山をこわすおそれがあるので注意。また、締め付けを均等にするため、写真の番号順に徐々に締め付けていく。ハブが4本の場合は、1箇所締めたら、次は対角線上の所を締めるといった具合に。本締めは、タイヤを地面に接触させてから行う。

 

トルクレンチによる締め付け

 

 なお、トルクレンチがある場合は、規定トルクで締め付ける。写真のものは、プレート型のトルクレンチで、指針がトルクを指示する。また、しばらく走行した後に、再び締め付けをチェックしておくとよい。

 

 

インデックスに戻る