自動車メンテナンス

ミニバンワールドフレンディ−自動車趣味− タイトル

 

ロアアーム/タイロッドエンドボールジョイントブーツ交換

 

 ゴムブーツは、足回りのボールジョイントを砂や水分から守るパーツ。材質がゴムなので、経年劣化によりひび割れや破れを起こしてしまう。内部に異物が入り込めばボールジョイントの不具合につながる。なお、今回のモデルは車検を控えた乗用車で、フレンディではない。

 

タイヤ取り外し

 

 車体下にシートを敷き、ガレージジャッキで前を持ち上げ、リジッドラック(馬)で支えてタイヤを外す。ホイールナットは4つだし、タイヤもフレンディのやつより小さいのでいつもより作業は楽。

 

タイロッドエンドボールジョイントブーツ破損状況

 

 タイロッドエンドのブーツは、上下真っ二つに割れている。所々でつながっているだけなので、指でつまむと簡単に上下がずれてしまう。見たところ、新車から1度も交換されていない感じ。10年以上経過しているような・・。

 

ロアアームボールジョイントブーツ破損状況

 

 ロアアームエンドのダストブーツもやはり破けていた。赤い矢印の位置で上下が分離してずれている。このあたりはストレスがかかりやすいのだろう。なお、写真上方で、ドライブシャフトのブーツも破けている。あたりに散らかっている汚れ(グリース)はこれが原因だ。こちらについては次のセクションでレポートを。

 

キャッスルナット割ピン抜き

 

 手始めにタイロッドエンドから。ボールジョイントは溝付きのナットで固定され、その溝にゆるみ止めの割りピンが通してある。このピンを抜かないことにはナットが回らないため、ラジオペンチ等で矢印の部分をまっすぐに伸ばし、引き抜く。なお、このピンの再使用はできない。あらかじめ新品のピンを調達しておく必要がある。

 

キャッスルナット取り外し

 

 ピンが抜ければ、メガネレンチ等でナットを何回転か緩める。ここの部品は一般的にテーパー嵌合となっており、ナットを外して手で引っ張った位では、簡単には外れない。特殊工具などが必要。

 

ボールジョイント引き抜き

 

 使用した特殊工具は「タイロッドエンドセパレーター」というもの。洗濯バサミのような構造で、工具のボルトを回すことにより、ボールジョイントのボルトをじりじりと押し出す。ボールジョイントのねじ山保護のため、先ほどの溝付きナットを通しておくとベター。

 

ボールジョイント分割完了

 

 特殊工具のおかげで分離完了。他に、特殊工具を使わず側面をハンマーでたたいて抜き取る方法もあるが、これには経験が必要。下手をすると修理箇所を増やしてしまうことにも・・。

 

ロアアームエンドボールジョイント引き抜き

 

 ロアアームエンドも、同様な方法で抜き取る。フレンディの場合はこの位置にこの工具がうまくセットできないかもしれない。

 

ダストブーツ取り外し

 

 やっとダストブーツの交換へ到達。ラジオペンチで引き抜く。幸いにも大きな異物の混入はなかった。また、軸をゆすってジョイントのチェックを行う。ゆるい場合はジョイント本体の交換が必要となる。

 

ダストブーツ新旧比較

 

 ダストブーツの新旧比較。非常に形が違う。何はともあれ新品に交換すればこの先数年は大丈夫であろう。

 

ボールジョイントグリスアップ

 

 古いグリースをふき取り、新しいグリースを注入する。グリースガンという便利な道具もあるが、今のところ導入予定はない。以降、ロアアームエンド側も同様な作業を行う。

 

ダストブーツ取り付け

 

 ジョイントに新品のダストブーツをかぶせる。ブーツ端部が溝にうまく入り込むようなじませる。この車の場合、その上からゴム製?のスナップ(リング)で押さえる構造となっていた。

 

キャッスルナット取り付け

 

 ボールジョイントの軸を元に戻し、溝付きナットでしっかり締め付ける。次の工程でまわり止めのピンを通さなければならないので、ボルトの穴と、ナットの溝を合わせておく。ここが緩んでしまうと大変なことになるのは言うまでもない。

 

割うピン取り付け

 

 サイズの合った新品の割りピンをさし込み、このピンが抜けないように、通した先端を折り曲げる。

 

完成

 

 以上でボールジョイントのダストブーツ交換は完了。ブーツそのものの交換はそれほど複雑ではないが、ジョイントの分離がやはり大変だった。なお、次はドライブシャフトブーツの交換を実施する。

 

 

インデックスに戻る