自動車メンテナンス

ミニバンワールドフレンディ−自動車趣味− タイトル

 

燃料フィルター交換

 

 我がフレンディ、走行距離が16万キロを上回っているが、燃料フィルターを一度も交換していなかった・・。ディーゼルの燃料ラインにつきものの「燃料ポンプ」を見つけることができたかったため、交換を躊躇していたこともあるが・・。何はともあれ、メーカーの定める交換指定時期を大幅に超過しているのは好ましくないので、思い切って交換することとした。

 念のため近所のマツダディーラーに、燃料ポンプの位置について確認すると、「フレンディのディーゼルには付いていません」との回答。ある意味ほっとした。

 

作業前のリフトアップ

 

 燃料フィルターは運転席の下部にある。運転席を持ち上げると容易に確認できるが、交換作業は車体下から行った方がよさそうなので、頑丈なブロックに乗り上げ、空間を確保する。フレンディはロードクリアランスが高めのため結構もぐりこみやすい。

 

燃料フィルターセンサーコード

 

 燃料フィルター周りの写真。中央のプラスチックの部分はフィルター内に水がたまったことを検知するセンサー(セジメンター)。経験はないが、水がたまると運転席の警告灯が点灯するはずだ。その際の水抜きは、このプラスチック部分を少し緩めることにより、少し飛び出した筒状の部分から水を排出できると考えられる。

 フィルターを外すため、赤い矢印で示したコードをコネクターの位置から外す必要がある。

 

燃料フィルターセンサーコネクター

 

 コネクター自体は車体に固定されていた。赤い矢印に示すつめの部分が差し込まれていた。当然コネクターより先につながるコードも外す。そしてプラスチックのセンサー部を手でひねって取り外す。フィルター内部にたまった軽油等が落下してくるため、下にバケツ等を置いておく。当然だが、火気に注意。

 

セジメンター取り外し

 

 センサー部が外れると、このような感じになる。センサー取り付け部の穴を除けば、普通のオイルフィルターと変わらない感じだ。フィルターレンチ等を用いて、取り外す。

 

フィルター取り外し

 

 フィルターの取付面は、ごみや汚れなどの付着が無いよう、きれいにふき取っておく。

 

新品の燃料フィルター

 

 マツダの部品販売で購入してきたフィルター。価格は2千円程度だった。センサー用のOリングもきちんと付属していた。装着の際には、フィルターのOリングに軽油を塗っておくと良いだろう。

 

燃料フィルター取り付け

 

 ゆっくりと手で回しながら取り付けていき、フィルターのOリングが接触してからさらに3/4回転締め付けた。フィルターの周囲に等間隔(90度単位)で印をつけておくと締め付けの際の目安になるだろう。手だけで2/4回転ほど締まり、残りの1/4回転はレンチを使用した。

 

セジメンター(センサー)Oリング交換

 

 はじめに取り外したセンサーの写真。フィルター内に水がたまると、中央の黒い部分が浮き上がってくる仕組みのようだ。フィルターに付属していたOリングと交換しておく。

 

セジメンター(センサー)取り付け

 

 最後にセンサーを取り付け、コードを元に戻すと完成。通常のディーゼル車では、エア抜きポンプを操作して燃料系統のエアを抜く必要があるのだが、フレンディの場合アイドリングで自動的に抜けるらしい。実際、エンジンはすぐに始動した。系統に残ったエアのためにアイドリングが若干不安定になるが、1〜2分程度で元の状態に回復した。

 

 

インデックスに戻る