自動車メンテナンス

ミニバンワールドフレンディ−自動車趣味− タイトル

 

タイヤ組み替え

 

 今回はフレンディではなく、別の軽自動車のものだが・・・。

 パンク修理不能となったタイヤの組み替えを実施した。タイヤ(チューブレスタイヤ)は、内部の空気が漏れないよう、その側面がホイールにきっちりとはまり込んでいる。まずはこれを解除するためのビード落としから。もしも、パンク以外で組み替えるのならば、その前に空気を抜いておかねばならない。

 

ビード落とし準備

 

 タイヤのビードのすぐ脇にジャッキをセットし、車体重量を利用してタイヤ側面を徐々に押し下げていく。

 

ビード落とし完了

 

 「パカッ!」という音と共に、ビードが落ちる。反対側も同じようにして落とす。車体重量を利用する以外にもいろいろな方法があると思われる(安全には充分配慮しましょう)。

 

タイヤ外し準備

 

 タイヤを外すために、ビード部分をホイール中央の溝に落としこむ。これをきちんとやっておかないと、うまくタイヤは外れない。

 

タイヤ外し

 

 タイヤレバーを用いて、先ほど溝に落としこんだ反対側から徐々にタイヤをめくり上げていく。自動車用のものと自転車用のものを使ってみた(自転車用はサイズが小さいので、細い隙間に入りやすい)。リムのプロテクターを使えば、もっと良かったかもしれない(今回は省略)。

 

ホイールとタイヤ

 

 無事、取り外し完了。写真のように、ホイール中央には深い溝がある。タイヤを外す際はこの溝をうまく使わないと、作業がはかどらない。

 

タイヤのはめ込み

 

 中古タイヤ屋さんから、1本500円!!で購入してきたタイヤにホイールをはめ込む。あらかじめビード部分に潤滑剤(本来はビードクリームを使用すべきなのだが、手持ちがないためシリコンオイル使用)を塗布しておくと良い。

 

タイヤ組み替え

 

 外すときと比べれば、はめ込む方は割と楽に作業が進む。最後は傷をつけぬようタイヤレバーで慎重に・・・。

 

ビード上げ

 

 ここまでくれば一段落。エアーコンプレッサーをセットし、空気圧を利用してビードをはめ込む。勢い良くビードが上がるので、指などを挟まぬよう注意が必要。

 

ビード上げ完了

 

 ビードが全周上がれば、規定圧まで空気を入れ、ビード部やバルブからの空気漏れをチェックした後に作業完了となる。

 ホイールバランスまで取れれば完璧なのだが、そこまでの設備はないので、さしおりこれでよしとしておこう。

 

 

インデックスに戻る