車検費用の低減

ミニバンワールドフレンディ−自動車趣味− タイトル

 

車検費用を低減するためには

 

 税金や保険料や印紙代(法定費用)を低減することはできない。だが、その他の整備費用を低減することは可能な余地がある。その最たるものが「ユーザー車検」である。車検に関わる全てを自分の手で行えば、基本的に法定費用のみで抑えることができる。例として、トヨタカローラの車検金額(ユーザー車検と一般の車検)を比較してみた。なお、ユーザー車検においても交換部品代等は発生する可能性があり、また一方、一般の車検は想定で金額を設定しているので、実際とは異なる場合も多々あることを付け加えておく。

 

(例)車検金額比較(車両重量は1000〜1500kgで算定)単位:円

 

ユーザー車検

一般の車検

自動車重量税

37800 

37800 

自賠責保険

29780 

29780 

印紙代(検査)

1400 

1100 

書類

30 

事務手数料に込み 

法定点検費用

0 

15000?

事務手数料・代行料

0 

10000?

整備・修理費用

0?

25000?

合計

約7万円 

約12万円 

 

 ただし、このユーザー車検は車のことが全くわからない人にはお勧めできない。あくまで、自動車に関しある程度の知識があり、日常的に点検や整備ができる人向けである。自動車は公道を走る以上、整備不良箇所があってはならない。車検という制度は、合格したからといって、次の車検まで安全を保証してくれるものではない。なお、自分の車の車検を自分で取得することについては整備士免許などは必要ない。

 ユーザー車検においては、金額面での節約や自分の車の現在の状態を知り、車に関して思い入れを深めること(これは結構重要かもしれない)などがメリットとしてあげられるだろう。ただ、平日、検査に出向かなければならないことと少々手間がかかることはデメリットか。また、もし、自分では手に負えない不良箇所があった場合はおそらく整備工場などに依頼することになるであろうから、先にあげた金額的なメリットは縮小する。

ユーザー車検以外においては、最近ではいろいろな車検スタイルがあり、オンラインで複数社の見積を取れるので、こちらを利用するのも節約につながるだろう。

 

 

インデックスに戻る