車検費用の低減

ミニバンワールドフレンディ−自動車趣味− タイトル

 

ユーザー車検の手順(前準備〜書類提出)

 

 管理者自身も、数回ユーザー車検を経験している。参考までに管理者自身が経験したユーザー車検の手順を紹介する。なお、車検場によって検査順序が異なったり、ローカルルール?があったりする。最新の情報は自動車検査法人(車検場)に確認を。下の写真は、検査ライン入口の様子。

 

ユーザー車検イメージ

 

 まず、車検を受ける前に準備すべきことから。

 

○定期点検の実施

 車に備え付けてある定期点検整備記録簿などを参考にし点検整備を行う。不具合箇所が発見されたら、当然修理する。自分では手におえない場合は整備工場等に依頼する。車を調子よく長持ちさせるためにも、点検はしっかりと。

 

○自動車検査法人(車検場)に、予約の電話を入れる

 予約の電話をかけておくと、後々の手続きがスムーズに進むだろう。予約の受付は機械による自動応答の場合もあり、その場合ガイダンスにしたがって電話機のボタンを操作する。事前に検査ラインを見学させてもらえることもある。

 

○書類の準備

 必要な書類は以下のとおり。

・現在の自動車検査証(車検証)

・現在と継続後の自賠責保険証※1

・自動車税納税証明書

・定期点検整備記録簿

・継続検査申請書(当日購入可)※2

・自動車重量税納付書(当日購入可)※2

・自動車検査票(当日購入可)※2  

 ※1自賠責保険は、保険代理店やディーラーなどで継続できる。

 ※2これらの書類は一式で数十円程度。

 

 次に、車検当日の手順について。

 

 当日は作業服など動きやすく、多少汚れても構わない格好が良いだろう。ちなみに、検査ラインでスーツを着ていた人はほとんど見かけなかった。

 

○印紙等の購入 

 書類を未購入の場合は購入し、備え付けてある見本などを参考の上記入する。記入漏れや印鑑の押し忘れ等に注意。また、検査を受けるための印紙(1400円か1500円)と、自動車重量税の印紙を購入し、それぞれ書類に貼り付ける。検査を受けるための印紙は自動車検査票に、重量税の印紙は重量税納付書に。重量税の印紙は結構高額なので、紛失などしないよう注意。

 

○書類の提出(受付)

 書類が整い準備ができたら、車検受付窓口に行き書類一式を提出する。予約番号や名前などを尋ねられるかもしれない。書類のチェックが終わると、検査に携行する分を返却される。バインダーなどを持参していくと良いかも。そしていよいよ検査が始まる。

 

 

インデックスに戻る