自動車保険の節約

ミニバンワールドフレンディ−自動車趣味− タイトル

 

自動車保険料を節約するチェックポイント

 

 最近では多くの会社から、様々な自動車保険が販売されている。保険の種類や内容も複雑化する一方だ。しかしながら、節約のためにこれだけは抑えておきたいチェックポイントをまとめてみた。

 

運転者の年齢条件

 年齢によって、自動車保険料が変わる。概して、年齢が高くなるにつれ保険料は安くなる。よって、運転者の年齢に合致した保険になっているかチェックする必要がある。ただ、その自動車を複数の人が運転する場合は、一番若い人の年齢条件にあわせておかねばならない。

 

運転者の限定条件

 自動車の運転者を限定するほど保険料は安くなる。家族限定や、夫婦限定、本人限定などの種類があるため、どれにあてはまるかチェックしよう。思い切って限定をかけて、他人には運転させないのも一つの考え方かも・・。

 

車両の安全装備

 車両の安全装備が充実していることは、保険料が安くなる要素。エアバッグ、ABS、衝突安全ボディ、横滑り防止装置など。他、環境対策車なども割引の可能性があるので、自分の自動車にどのような装備が装着されているか確かめておくといいだろう(特にオプションで装備したものなど)。

 

その他

 リスク細分型の保険の場合、免許証の色(ゴールド、ブルー、グリーン)や、自動車の使用目的(業務使用よりも日常やレジャー使用の方が安い)などでも保険料が変動する。また、契約者にとっては必要のない特約などがセットされていることもあるので、項目を細かくチェックしていくことをおすすめする。

 

 最後に、自動車保険のパンフレットや契約書、約款などを良く読んでおきましょう。小さい文字で大事なことが書いてあったりもするので・・。

 

 

インデックスに戻る